日本のカジノ

日本ではご存知の通り賭博は違法ですが、2016年12月15日にIR(統合型リゾート)推進法案、いわゆるカジノ法案が成立し、日本のカジノも大きく変化しようとしています。IR推進法案成立後すぐに、与野党ではIR実施法案の策定、ギャンブル依存症対策やマネーロンダリング防止対策への取り組みがスタートしました。2020年の東京オリンピックに日本のカジノができていればかなりの観光収益が期待できましたが、現実的にはオリンピック後にできるということになりそうです。それでもオリンピック後に経済が尻すぼみとならないよう、日本にとって大きな発展が期待できそうです。IR(統合型リゾート)で成功している例としては、シンガポールやマカオがあります。どちらもカジノだけでなく劇場や映画館、ホテル、ショッピングモールなどが一体となった施設でゲームをしない人でも楽しめるような構造になっており、一大リゾートとして大成功しました。統合型リゾートとして日本のカジノが生まれるまでにはまだしばらくかかりそうですが、日本でもインターネットの普及とともに10年ほど前からオンラインでカジノを行う人たちが増え始めました。手持ちのパソコンやスマートフォンさえあれば、海外に拠点を置くオンラインカジノ業者のサイトを介して様々なカードゲームやスロットマシンで遊ぶことができます。casino-online.jpでも日本のオンラインカジノについて知ることができます。今後のIR実施法案とそれに絡む整備によって、オンラインカジノへの規制も変わってくるものと思われます。シンガポールのように統合型リゾートの成功ののちオンラインギャンブルへの規制が厳しくなり、サイトの閲覧すらできなくなってしまったという例もあるので、日本のカジノ、IRの動きから目が離せませんね。casino-online.jpにもカジノについての情報がありますのでご覧ください。