カジノ・ギャンブル

2016年12月15日にIR推進法案(特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案)、いわゆるカジノ法案が可決、成立したことによって、日本のカジノ・ギャンブルが大きく動こうとしています。IR推進法案の可決を受けて、現在は課題とされていたギャンブル依存症対策、マネーロンダリング対策などを盛り込んだIR実施法案の整備が進められています。当初、2020年の東京オリンピックに間に合うことを目指して進められていたこの法案ですが、実際に日本のカジノがオープンできるのはオリンピックの後になりそうです。これから始まろうとしている日本のカジノは、マカオやシンガポールにあるような統合型リゾート(Integrated Resort:IR)として、ホテルやモール、レストラン、劇場や映画館、国際会議場などにカジノが併設されるという複合観光施設で、観光収入の増加が期待されます。日本のカジノオープンまで待てない、という方は今まで通りオンラインカジノという手がありますね。10年ほど前から海外のオンラインカジノ業者が日本にも参入し、徐々に人気を伸ばしつつあります。ただし、日本のカジノは今のところまだ違法なので油断は禁物です。オンラインカジノ業者の拠点が海外にあるということで今までは取り締まりの対象とはならないと思われていましたが、2016年3月には海外サイトを利用していた個人利用者3名が全国で初めて逮捕されています。ただし、このサイトは提供時間が日本時間に合わせてあったりディーラーが日本人だったりと日本人を対象としているのが明らかであったため、日本で運営されていると判断されたようです。他にも問題があったのかどうかは不明ですが、現在このサイトは閉鎖されています。IR推進法案の成立によってそれに絡む法律も整備されていくため、オンラインカジノに関しても徐々にクリアになっていくと思われます。